消費者金融ブラックリストを解消する方法

消費者金融の審査で落ちてしまう理由は様々ですが、返済能力は十分にあっても借り入れ先が複数あることで審査落ちにされてしまうことがあります。

 

この対策として最優先にすべきことは借り入れ先を減らすことです。

消費者金融からの借り入れということで総量規制を受けているはずですから、借入額は多くても年収の3分の1までのはずです。

 

それを複数から借りているので1社ごとの借入額はそう大きくはないでしょう。

本来、真っ先に返すべき借り入れは金利が一番高い借り入れですが、この場合は残高が一番低いものから集中的に返済を行います。

 

借り入れ先を2社や3社程度に留めておけば新規の審査では通りやすくなるはずです。

 

また、返済に余裕が無い場合はおまとめローンなどを利用すると借り入れをまとめやすくなります。

借り入れ先が1社になるうえ、カードローンをこれまで利用していたのであればそこから借り入れをすぐにすることもできます。

 

おまとめローンの審査では、返済能力が十分あれば借り入れ先が複数あっても問題になることは少ないです。

積極的に借り換えを利用していくべきです。

 

なお、新規で申し込みをするならば、前回の審査落ちした申し込みから半年間あけて申し込みをしたほうが良いでしょう。

 

半年間は審査落ちの記録が残っているため、別の消費者金融などに申し込みをしてもその記録を見られて審査落ちになる可能性があります。

半年後には審査落ちの記録は自動で消されるので、それから申し込みを行いましょう。