農家でもお金を借りることはできる

農業というのは自身の身一つでどうこうなるというわけではなく、機会などが必要となるものですね。農業設備が新しければそれだけ効率化にも繋がるためやはり新しい機械を購入したいと思うことでしょう。

 

しかし農業機械というのはかなりの価格となるため、ポケットマネーでぽんと支払えるという方は恐らくあまりいらっしゃらないかと思います。

 

お金が必要となった場合、借りるという選択になるのが一般的な考え方でしょう。

農家の方でもお金を借りることは可能ですが、農家は自営業扱いとなりますし時期によって収入が左右されるというイメージが強いことから少し借りづらいといわれています。

 

銀行よりも消費者金融のほうが比較的借りやすいといわれていますが、もし消費者金融でお金を借りたいと思った場合にはまず確定申告書や収入証明書が必要になることが多いようです。と、いうのも一般的な会社員の方の場合在籍確認は職場に電話をするだけで良いのですが、農家の場合は自営業ですから自宅にかけることになります。

 

するとほぼ確実に家族が電話にでるため、それだけで在籍確認とするのはあまりにも簡単で信用ができないのです。在籍確認の代わりにそれらの書類を提出する事によって農業に従事しているということがわかるようになるのです。

 

農家の方の場合、消費者金融以外にも農協や都道府県が行っている融資などが利用できる場合があります。融資には種類があり、それぞれ条件が異なるため自分が利用できるものがあるかを確認する必要があります。

 

農家の方でも正式にお金を借りる手段というのは存在しているため、自分に合った方法で借りて作業の効率化を図りたいものですね。

本当に恐いヤミ金に借りてしまったら?

昔から「ヤミ金」とは法外な金利と強迫、恫喝で取り立てをしてくる悪徳な業者です。

それだけお金のこととなるとみな必死になってしまうのも事実です。

 

以前は貸金業業者もあいまいな法律の中で高額な金利を取り立てたり、恫喝まがいの取り立ても平気でおこなっていました。

しかし2010年の貸金業規制法改訂により、上限金利や取り立てにおいても法律で規制されるようになりました。

 

しかしそれとはウラハラに、多重債務者を減らす目的で収入の3分の1を超える貸付はできないという「総量規制」により今まで繰返し借り続けていた人たちは大打撃を受けることになりました。

法律で決まってしまったので、貸し付け業者も貸したくても貸せない状況になり貸してしまえば行政処分になる可能性も出てきてしまったのです。

 

そうなると、どこからも借りられずに行き着く先は「ヤミ金」となってしまいます。

しかし「ヤミ金」貸金業として登録はおろか、法律もないので1度借り入れをしてしまえば、あとはどんどん雪だるま式に借金が増えていくのです。

 

ひどいところだと利息が1日で10%の「トイチ」等もあるので、消費者金融が年利18.0%と比べるととてつもない利息です。

しかも借りてしまったらその法外な金利を支払ったとしてもなかなか完済させてくれずに一生払い続けることになったりもします。

もし仮に家族がヤミ金を利用してしまったら、利息が法外な時点で払う義務はないので必ず警察か法律家に相談しましょう。

200万円返済する方法5つ

すでにこつこつ返済している人が、もっと借金を減らす方法があります。
まずは、心を落ち着かせて現在の借金の状況を正確につかみます。
借金は延滞してはいけません。できることは全て実行しましょう。

 

収入を増やして借金返済に回すことが正当な方法であるのは間違いありません。
本業を頑張っている会社員でしたら、残業で収入を増やすのが手っ取り早いです。残業代がきちんと出る会社であることが前提ですが。

 

残業代が当てにならない時は、副業で収入を増やすしかありません。夜間のアルバイトでも何でもすることです。早く副業を始めて月々の返済をさっさと減らしましょう。
人目が気になってアルバイトができない人、夜のアルバイトに出られない人は、内職をしましょう。ネットでこつこつと内職をすると、誰にも会わないので気が楽です。

 

借金返済のお金は自分で用意するのを考えてみてください。さらにサラ金で借金を重ねるなど、手間を惜しんではいけません。
すぐにお金になるブランド品や家具、家電をリサイクルショップで売ってみましょう。高価買取は何といっても貴金属です。これでいくらか返済できるかもしれませんね。

 

また、消費者金融からの借金を減らすため、個人に借金を頼んでみることです。親戚に片っ端から声をかけて見てください。親戚がダメなら親友に頼んでみてください。少額ずつでも借りることが大切です。個人からの借金の方が重圧が少なく、取り立てからも開放されます。
収入を増やす、知人に借りるのと同時に、できる限り節約をするのが心得です。

 

光熱費を削る、食費を削る、通信費、交通費、交際費など、枚挙にいとまがないほど節約は可能なのです。

 

これだけやってもどうにもならなくなった場合は債務整理を検討します。債務整理とは、借金を減額する手続きのことです。専門家に相談している間は借金の取り立てがきません。相談するだけでも活力になり、返済の意欲が出てくる場合も多いです。早めに相談することをオススメします。

10万円を作るいくつかの方法。

家族や知り合い、友人などから嘘をついて少額ずつ借りることで怪しまれずにすぐにその日に10万円手にすることができます。

 

嘘をつく」と言ったら聞こえが悪いですが、大きすぎず小さすぎずの嘘であれば少なくても1人から5000円から1万円は手にすることが出来ると思います。

 

身内である家族からは「あとで絶対に返すから!!」と言って多めにお金を借りることで手っ取り早く10万円を用意することができます。
ちなみに1人から1万円借りることが出来るのであれば10人に借りればすぐに10万円です。
家族から多めに5万円借りることが出来るのであれば知り合いや友人5人から1万円ずつ借りればもう10万円です。

 

大手のキャッシングから断られているのならこの方法が1番手っ取り早い集金方法だと思います。
本当は1人の人が10万円貸してくれることが1番いい方法ですが。

 

でもこんなに色んな人からお金を借りてどうやってこんな大金返済するの?」と思うと思います。
返済時は大事な人からお金を返して行く事が今後お金を借りる時にも役立ちます。
返済のお金はキャバクラなどで「1日体験」としてお店を転々と体験することですぐに返済できます。

 

キャバクラの1日体験だけでも時給3000円ほどになるので、返済時はキャバクラの「1日体験」を利用するといいでしょう。
時間があるのであればすぐにキャバクラの1日体験をして少しでも10万円の宛にするのもいいと思います。

キャッシング審査に落ちてしまう理由とは?

キャッシング審査に落ちてしまって落ち込んでいる…という方もいらっしゃると思います。キャッシングは、お金がないときに利用するのには大変便利となっていますが、審査に通らないことにはお金を借りることができません。

 

そこで、キャッシング審査に落ちてしまう理由にはどのようなものがあるのでしょうか。
まず、キャッシング審査で落ちてしまう理由の一つに、安定した収入がなく、借り入れ条件に当てはまっていない、ということが挙げられます。

 

キャッシングをする際には、一定の条件が設けられており、その条件に当てはまらない人は、審査で落とされてしまいます。中でも、安定した職業があり、一定の収入があるというのは条件であり、これらの条件に当てはまっていない場合は、審査でも落とされてしまう可能性が高くなります。

 

もしも、審査が不安な場合には、最初にお試しチェックなどがホームページに掲載されていますので、自分は借り入れが可能なのかどうか、チェックをしてみるようにしましょう。
また、安定した収入があったとしても、勤続年数が短かったりした場合には、審査で落とされてしまうことがあります。勤続年数が短く、転職を繰り返していたり、また業種によっても、審査では不利になることがあります。

 

また、キャッシング審査に落ちてしまう理由として、他社での借り入れ状況などもあります。他社で借り入れがあり、返済ができていない場合には、これらもすべて照会されてしまい、バレてしまいます。また、他社でもキャッシングの申し込みをしている場合にも、同じです。

無収入状態でお金を借りるには?

収入がなくて貯金を切り崩しながら生活をしている場合、金融機関からお金を借りることはとても困難です。

金融機関はシビアに融資希望者の返済能力をチェックしてきますので、無収入だと審査に通らない可能性がとても高いです。

 

家族・友人・恋人から借りる

 

そんな状態でお金を貸してくれる人としてまず思い浮かぶのは、自分と近しい関係にある人です。

代表的なのは家族、それ以外では親友や恋人などが挙げられます。

これらの存在の人たちは、常識よりも情を優先してくれるケースがありますので、無収入の場合頼るべきはやはり自分と近しい関係にある人です。

そういう人たちならば、返済期限がなくなおかつ無利子でお金を借りることもありますので、借りるほうからすれば心苦しいかもしれませんが、まずは近しい関係の人からお金を借りようとすることが最優先です。

 

登録型のバイトに登録

 

ただ、そういう近しい関係の人が周りに1人もいない場合はどうしたら良いのでしょうか?

その場合、オススメしたいのは登録型のバイトに登録し、働く意欲があると見せることです。

登録した時点では1円も稼いでいないわけですが、その意欲を見せてなおかつ実際に1日でも働けば、これから返す意欲がある、返済能力があると判断されるかもしれません。

ですから、登録型のバイトに登録しておくということは、金融機関から借りられる確率を少しでも高くするためにとても重要なことです。

 

無収入状態でお金を借りるのはかなり難しいですが、その可能性は決して皆無というわけではないのです。

ヤミ金と手を切る最も良い方法とは

お金が足りなくなり困った際に、消費者金融などでお金を借りるという方は非常に多いです。

それ自体は様々な事情がありますから、それだけでは決して悪い事ではありません。

 

しかしこの際に気を付けておかなければならない事があります。

それは闇金融、いわゆるヤミ金に手を出してしまう事です。ヤミ金に手を出し被害に合われた方はとても多く、こういった企業が存在する事は非常に大きな問題です。

 

ではその様なヤミ金からお金を借りた場合に、手を切るためにはどうしたら良いかという事ですが、良い方法は基本的に1つです。

それは法律の専門家、弁護士の方などに相談する事です。

 

弁護士の方に何となく相談しにくいという方もいらっしゃるかもしれませんが、放っておいても良くなる問題ではありませんし、暴力的な取り立てが続けば被害に合われている方にとって、非常に大きなストレスになります。

 

従いまして決して1人で解決しようとせず、またヤミ金業者の言うがままにならない事が大事です。法外な金利であったりした場合、そのお金は払う必要はありません。

 

今現在ヤミ金業者の被害に合われている方々は、とにかく早め早めに法律の専門家に相談して下さい。

特にこういった問題を専門に扱われている方、あるいは実績が非常にある方などに頼めば、より安心です。

 

相手も法律の専門家が出てくれば、違法な取り立てなどはやりにくくなります。

中小企業の消費者金融ライフティの特徴

大手の消費者金融からすでに融資を受けている場合、次に融資申し込みの対象となるのは中小企業の消費者金融です。

ただ、中小企業の消費者金融は数が多く、どんな消費者金融を利用すれば良いのか見当がつきにくいです。

そこで今注目されている中小企業の消費者金融に、ライフティという消費者金融があります。このライフティとはいったいどんな消費者金融なんでしょうか?

 

まず、ライフティが他社と違う点は、融資を受けられる最低金額が1000円だということです。

だいたいどこの消費者金融も最低金額は10000円というところが普通です。

 

しかし、ライフティに関しては1000円からなので、より細かい金額の融資を受けることが可能です。

ピンポイントで少額の融資を受けたいときは、ライフティで借りると利息を少しでも安くすることができます。

 

また、利便性を考慮して24時間365日利用することができますし、もちろん来店する必要はなくオンラインだけで契約の手続きをすることが可能です。

さらに、返済に関しても35日サイクルですから返済期日に余裕を持って返済することができますし、前倒しの一括返済をすることもできます。

 

こうしてライフティの特徴を列挙していくと、大手の消費者金融とほとんど大差ないサービスを提供していることがわかります。

やはり1000円から借りられるというのは一般市民にとってとても大きなメリットですし、中小企業の消費者金融の中でライフティはかなり優良です。

あなたに合った、借金を減らす方法を選んでください。

借金が返せなくなったら、弁護士に債務整理をしてもらいましょう。
債務整理方法には3つの方法がありますので、あなたに合った方法を弁護士さんが選んでます。

 

方法は「任意整理」「民事再生」「自己破産」ですが、それぞれにメリット、デメリットがあります。
あなたの今後の生活と関係がありますので弁護士さんとよく話し合うことが必要です。

 

任意整理

 

「任意整理」はお金を貸している債権者と借りた債務者とのの話し合いで借金の減額をすることです。
なので、借金をまるまる払わなくてもよくなるわけではありません。

 

利息が減ることで借金が大幅に下がり、返さなければいけない総額が固定されることで返済終了までの月々の支払いが見えてきます。
他の方法に比べて、裁判所を通さなくてもよいので手続きが簡単です。

 

そして家などの財産も手放さなくてもよいです。
デメリットとしてはブラックリストに載りますので、一定期間クレジットカードが作れません。

 

民事再生

 

「民事再生」も家などの財産を手放すことなく借金が大幅に減らすことができますが、裁判所を通じて行わなければいけません。

 

自己破産

 

「自己破産」は借金を支払う必要がなくなります。

しかし、財産を手放す必要がありますので、多重債務などに陥ってどうにもならない場合は利用することも考えた方がよいでしょう。

 

もちろんブラックリストにも載ることになるので、借り入れはできません。
また資格を失ったり、業務を禁止されたりする業種もあります。

 

あなたにとって一番よい選択を選んでください。