質屋は誰でもお金を借りられる※ただし2つの点に注意すること!

貸金業者の中でも比較的審査が厳しくないと言われる消費者金融、そんな消費者金融にさえ融資を断られるとなりますと、そのショックは計り知れないものがあるでしょう。

 

しかも、複数の貸金業者からお金を借りているため、ブラック認定されてしまったとなれば、しばらくは貸金業者でお金は借りられなさそうにありません。

しかし、お金を借りる手段が全くないというわけではありません。

 

質屋」を利用すればいいのです。

質屋は、消費者金融に融資を断られようがブラックリストに入っていようが、関係ありません。

 

質草さえしっかりしていれば、その人がどんな人であるかというのは関係がないのです。

最後の手段としての活用も期待される質屋ですが、注意すべき点が2つあります。

 

1つ目は、金利が高いということです。

消費者金融でお金を借りる場合、年利20パーセントという上限がありますが、質屋でお金を借りるとこれ以上の金利を取られてしまいます。

 

質屋は質草の管理コストがかかるので、例外的に高金利が認められている業種なのです。

 

そして2つ目ですが、しっかりとした質草を用意しなければならないということです。

質屋がブラックリストの人にもお金を貸すのは、質草を信頼しているからです。

 

つまり、信頼に足る質草、ブランド品などを質草として入れなければ、希望通りの金額を借りることはできません。

 

最近では、二束三文の質草に対して高額なお金を貸し付ける新手の高利貸し「偽装質屋」が出現していますが、そういったところは利用しないでください。